◇◇ 群馬県 岩櫃山ハイキング ◇◇
戻り 
Page 1-1

登山日: 2010/11/30(火) AM10:05〜12:40
場 所: 群馬県 岩櫃山(802.6m) 
メンバー: 単独
地 図: 岩櫃山
コース岩櫃山登山口(10:05) − 本丸跡(10:27) − 天狗の蹴り上げ岩(11:00) − 山頂(11:35) − 駐車場(12:40)

   時期的に今年の山登りは最後になるであろうと思いながら県内の手頃の山を選んだ。山の中腹には「不動滝」が落ちているので来た事はあるのだが登るのは初めてになる。南側から登ろうとしたが道路の工事中であったため山の東側から巻くようにして進み駐車場に到着。平日でもあり誰も居ない駐車場であったが暫くするとマイクロバスで15人ほどやってきた。身支度をして出発。

駐車場
駐車場
登山入り口
登山入り口
落ち葉を踏みしめながら
落ち葉を踏みしめながら
直ぐに階段が
直ぐに階段が
 駐車場から霜柱を踏みながら進み、直ぐに落ち葉の積もった山道となる。

本丸跡まで直ぐ
本丸跡まで直ぐ
時期はずれか紅葉が
時期はずれか紅葉が
綺麗な紅葉
綺麗な紅葉
綺麗な紅葉
綺麗な紅葉
本丸跡まで数分で到着し周囲には真っ赤に紅葉した紅葉が迎えてくれた。

素晴らしい天気となった
素晴らしい天気となった
由来なども
由来なども
先に進もう
先に進もう
歩きやすい道
歩きやすい道
 本丸跡を過ぎ暫くは歩きやすい遊歩道。

所々に岩が
所々に岩が
細い岩場の道もあり
細い岩場の道もあり
岩場の道を選んで
岩場の道を選んで
慎重に
慎重に
 山頂に近づくにつれて岩場が多くなり慎重に歩く。

もう直ぐ山頂へ
もう直ぐ山頂へ
目立つ紅葉
目立つ紅葉
周囲の山も綺麗に
周囲の山も綺麗に
梯子もあり
梯子もあり
 低い山だが変化にとんだ山で梯子、クサリなどもある

急な登りも
急な登りも
第二の梯子
第二の梯子
きつい場所もあり
きつい場所もあり
もう一分張り
もう一分張り
 この辺が一番変化に飛んだ場所、XXXさんが喜びそうな場所。

急坂の後は
急坂の後は
やっと到着
やっと到着
避雷針の場所が
避雷針の場所が
しばし周囲を見ながら
しばし周囲を見ながら
 山頂は岩だらけ、双こぶになっていてどちらも狭い場所になっている。

しばし週の景色を見ながら
しばし週の景色を見ながら
記念写真も
記念写真も
しっかり楽しんで
しっかり楽しんで
下山の途中
下山の途中
 北関東の山々を楽しんでから記念撮影もして下山を開始する。

駐車場が見えてきた
駐車場が見えてきた
登山口の休憩場所
登山口の休憩場所
12時30分昼飯の準備
12時30分昼飯の準備
駐車場にあるトイレ
駐車場にあるトイレ
 帰りは一気に下りて駐車場まで。12時を過ぎていたので駐車場で昼飯の準備、ゆっくりと休憩後自宅に向かう。800メートルと低い山だが変化があって面白い場所であった。

戻り