×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◇◇ 新潟県角田山ハイキング 思い出記録 ◇◇
戻り 
Page 1-1

出発日  : 2010/03/20(土) AM 1:25出発 〜 PM 6:30分帰宅
        桜尾根登山06:45 - - 山頂09:00 - - 灯台コースで駐車場11:00-
        弥彦山11:50 - - 寺泊鮮魚センター12:44 - - 西山ふるさと公苑14:05-
        西山町大崎雪割草の里14:40 - - 帰宅18:35

場 所  : 角田山
 〜 大崎雪割草の里


 チラホラと新潟県の野草に指定されている雪割草の開花が聞こえてきたので一度じっくり見ようと出かけた。関東地方で聞く天気予報では中々好天気のタイミングがつかめないが雨の予報の間に晴れ日が一日出来そうなので3月20日(土曜日)出かけてみた。
インターネットで調べると角田山には7つのコースがありその他に未公認のコース「桜尾根コース」と言うのが花の咲く量が多いとある。案内板もなく「探しながら行かなくてはならない」と解説が載っていたが現地に行ってみると今ではこのコースも一般化されたようで入り口には「登山口」の案内板が立っていた。時間も早いせいかこのコースを登る人もなく一人黙々と花を求めて歩く。

角田山のハイキング
角田浜海水浴駐車場
角田浜海水浴駐車場
角田山コース案内
角田山コース案内
近くに灯台がある
近くに灯台がある
登山口には
登山口には
 駐車場に着いたのが朝の5時ごろで暗くてよくわからない。見えるようになると車もなく適当な場所に止めて登山口探しをすると道路わきに案内板があった。

入り口
入り口
整備されたコース
整備されたコース
山頂近く
山頂近く
ここがピーク
ここがピーク
 急な登り坂ではあるが周囲をキョロキョロしながらなので知らず知らずのうちに高度が上がって小一時間もすると群生している場所に到着した。写真を撮りながら進むがほとんど止まった状態であった。尾根を登り下りしながら進み山頂近くになると雪が積もっている。山頂周辺は歩道に板が敷いてあり雪があっても安心して進める。
数分で到着し山頂には数人がいる程度であった。

山小屋のあるぞ
山小屋もあるぞ
山頂は広い
山頂は広い
?
?
帰りは灯台コース
帰りは灯台コース
 山頂を一周して灯台コースで戻ることにする。

初めは歩きやすく
初めは歩きやすく
この辺からぬかるみに
この辺からぬかるみに
日本海が見えてきた
日本海が見えてきた
覗き岩
覗き岩
 途中から雪解け水がハイキングコースを濡らしグチャグチャ状態となっていて「桜尾根コース」のほうが道は良い。灯台コースは花は少なく途中一部分しか咲いていなかった。10時を過ぎた頃になると団体を含めてどんどんと登ってくる。

灯台と駐車場
灯台と駐車場
灯台
灯台
トンネルが
トンネルが
トンネルの案内
トンネルの案内
 海に向かって歩くのは景色が開けて気持ちもがいい、尾根の先端に近づくとやっと灯台と駐車場が見えてきた。灯台で小休止してから下りると手彫りのトンネルがあり歴史を感じる事が出来る。

R402号線沿いの滝?
R402号線沿いの滝?
R402号線沿いの滝?
R402号線沿いの滝?
寺泊の鮮魚センターに
寺泊の鮮魚センターに
西山ふるさと公苑に寄る
西山ふるさと公苑に寄る
 角田山を下りて11時、時間も早いので近くにある「弥彦山」に行ってみたがまだ雪をかぶっている。ここは眺めただけで次に進む。
国道116号線で西山町まで進み道の駅でパンフレットを入手してから大崎の雪割草を見に。

大崎雪割草の里
大崎雪割草の里
案内板
案内板
帰りの高速ssで
帰りの高速ssで
 
 到着するとここは観光地で観光バスも来て賑わっていて花の直売が大盛況。30分程度の観光コースがあり至る所で咲いていてちょうど満開状態であった。「ここは管理費200円が必要」
午後3時30分を過ぎ帰る時間に・・・高速道路は西山ICから入り無事予定の時間で自宅に到着。途中のSSでは雪が積んであり越後は冬の中にあると感じた。
初めての雪割草見学・・・腹いっぱい見てきました。

雪割草と色々な花・花・花
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
オウレン
オウレン
雪割草
雪割草
ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
キクザキイチゲ
キクザキイチゲ
ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ
カタクリの蕾
カタクリの蕾
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草

キクザキイチゲ
キクザキイチゲ
カタクリ
カタクリ
カタクリ
カタクリ
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
雪割草
スセイン
スセイン
 登り始めて50分ほどすると雪割草が一面に咲いていて歩きが完全に止まってしまった。登ってくる人がほとんどいないのでゆっくりじっくりと眺める事が出来た。雪割草に混じってキクザキイチゲやオウレン、ショウジョウバカマなどがチラチラ見える。
カタクリの花はまだ少し早くところどころに蕾が出ている程度であった。写真のカタクリは遊歩道沿いに10花程度が咲いていてキット日当たりのいい場所であったに違いない。
・・・・・カタクリのオンパレード・・・・・

おわり
戻り