◇◇ 宮崎県 霧島山(韓国岳)ハイキング ◇◇
(日本100名山)
戻り  ホームへ 
Page 6-6

出発日   : 2010/05/28(金) AM 9:25出発 〜 PM12時55分
場 所   : 宮崎県 霧島山韓国岳(1,700m) 
メンバー  : 単独


  九州の旅も残り少なくなり思い残すのは雨のため登る事が出来なかった韓国岳、このまま帰っては悔いが残りそうで再びこの場所にやってきた。宮崎道の小林ICから県道1号線で不動池までくると大勢の人がミヤマキリシマを見るために丘を登っていくのが見える。

不動池周辺
不動池周辺
ツツジが満開
ツツジが満開
ツツジが満開
ツツジが満開
ツツジが満開
ツツジが満開
路肩の駐車場に車を止めて皆が進んでいく方法につられてツツジの咲いている中に入る。今日は天気がいいので余計な心配はなく安心して山歩きができる。ゾロゾロと団体の中に一緒になりながら頂上を目指して進む。

遊歩道へ入ると道標が
遊歩道へ入ると道標が
一合目ごとに立ってある
一合目ごとに立ってある

遊歩道に石が増えてきた
遊歩道に石が増えてきた
観光地らしく道標はあちこち立っていて判りやすい。2合目を過ぎたごろから遊歩道にも石ころが多くなってくる。


時々見える風景
時々見える風景
ガスが巻いてきた
ガスが巻いてきた

遊歩道から時々下界が見える。今日は気温が高く汗がとまらない。登るにつれてガスが湧いてきて近寄ってくるのが判る。


xxxリンドウ
xxxリンドウ

もう8合目
もう8合目
リンドウが一輪咲いていたが何リンドウか判らない。8合目ほどまでツツジが咲いて綺麗なのだが段々とガスが寄ってくる。




山頂に到着
山頂に到着
10時45分「韓国岳」の山頂に到着、登山者で山頂はいっぱい。ここまで1時間30分前後の山登りで1700mの高度を楽しめるのが人気なのか、本格的な山登りの人にはここだけでは物足りないでしょうね。

山頂は人・人・人
山頂は人・人・人
お決まりの記念写真
お決まりの記念写真
裏側は急な崖
裏側は急な崖
裏側は急な崖
裏側は急な崖
山頂の上には人だかりの山となっていて色んな方言が飛び交っていた。ここから高千穂まで縦走する人が半分程度いるのだろうか。5月〜6月のがツツジと相まって大人気の山になっているのだろう。時々ガスの中になるが下界もちらちらと見えるのがよかった。帰りは違うコースで下りようと別コースを選んだ。

つつじを見ながら下山
つつじを見ながら下山
逃げる様子もなし
逃げる様子もなし
充分に堪能
充分に堪能
 
大浪池コースで下ると階段で一気に下り、えびの高原のホテル近くに出てここから不動池までブラブラと散策状態で駐車場に到着した。
これで九州地区の旅の全日程を終了とする。これから高速道路を乗り継いで関東まで帰るのだがサービスエリアに泊まりながらゆっくりと帰ろう。今回は滝めぐりと山登りの欲張った旅であった。

戻り  ホームへ