×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◇◇ 長野県 黒姫山ハイキング思い出記録 ◇◇
Page 1-1

登山日: 2013/10/18
場 所: 長野県 黒姫山2,053m 
メンバー: 単独
コース : 黒姫山西登山口06:45 − 古池07:00 − 新道分岐08:05 − しなのき8:45 −
  しらたま平09:25 − 黒姫山山頂(昼食)10:00-11:05 − しらたま平11:50 −
  新道分岐12:50 − 古池13:30 - 登山口到着13:50
地 図 : 黒姫山ハイキングコース

 以前「飯綱山」に登った時に見た山「黒姫山」が気になっていたので行ってきました。天気もバッチリ
で気持ちの良いハイキング日和。

 朝、3時起してやってきたのだがやはり早起きは辛い、PAやSAに寄り目を覚ましながらやってきまし
た。登山口には車はなく少し寂しい。身支度と朝食を済ませて出発。途中、古池に到着すると湖面に
映る黒姫山が神秘的。

 古池を半周するように木道の上を歩く。新道分岐に向かって緩やかな坂道をハイキング。

 だんだん登りもきつくなってきた、遊歩道もだんだんぬかるみとなってきた。道沿いには雪が残って
いる、昨日の夜は雪だったのか。しらたま平に到着。

 しらたま平からはしばらく平たんが続き、山頂手前からやや急な登りとなる。山頂には誰もいなく独り
占めがしばらく続く。途中から大阪から来たというご夫婦がやってきた。ゆっくりと食事をしながら一時
間も居座った


山頂から見た北アルプス方面

 帰りは来た道と同じコースで戻る。生き残った花とおかしな木など見ながら下る。いつもながら帰り
は早い。


 登りの際に寄らなかった種池に寄ってみる、途中で道がなくなっていて池を眺めて直ぐに引き返す。
ここから数分で登山口に到着、お疲れ様でした。途中で「道の駅しなの」に寄ってみるが購入するも
のは何もなく。

とうとう登山靴に穴が開いてしまった。購入したのが2010年8月奥穂高岳に行く際に購入したもの、
靴底の山も無くなりボチボチと思っていたが寿命が来たようだ・・・またまた大きな出費になるのか・・・
またキンケツ病が重くなりそう。

おしまい