×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◇◇ 栃木県佐野市 三毳山(ミカモヤマ) ハイキングの思い出 ◇◇
戻り
Page 1-1

日 程: 2013/03/05
場 所: 栃木県佐野市 
メンバー: 単独
コース : 三毳山南入り口 − 中岳 − 青竜ケ岳 − かたくりの里 − 同コースで戻り
地 図: 三毳山ハイキングコース

 今日から一気に気温が上がり春が来るという。・・と言うことで・・

 道の駅みかもで弁当を購入してから南入り口駐車場に到着。10時30分、遅いスタートなので山頂で
昼食を計画。相当数のハイカーが居て思い思いに散策をしている。はじめに「三毳神社」へ。

 パラグライダーの飛び出す場所を通り過ぎ「中岳」に到着。10名ほどが休憩をしている。一息ついて
「中岳」から「青竜ケ岳」に向かって進む・

 何度かアスファルトの道路を横切りながら進むと遠くに「青竜ケ岳」が見えてきた。近づくと急な階段
が待っている。

 山頂に到着する誰もいない、ここは冷たい風が強く当たりゆっくりと休憩ができないほど。写真だけ
撮って「カタクリの里」を目指して進む。当然まだ花など咲いているわけないが何となく行ってみたいの
だ。と言うかここで戻るのは少し物足りない気がして・・。
到着すると今まさに芽が出ている最中であった。数本の「福寿草」が鮮やかに咲いていた。
「アズマイチゲ」も場所によりまとまって咲いている。

 こんな時期にはだれ一人もいないので、風の当たらない場所を探して道の駅で購入した弁当で昼食
とする。満腹にした後は来た道を戻って駐車場まで、午後を過ぎるとあんなにいたハイカーもほとんど
いなくなり一人黙々と歩き、途中からショウトカットをしながら戻った、時間は午後2時を過ぎていた。
今日もいい運動になった・・と思っている。

おしまい
戻り