◇◇ 男体山ハイキング(ナンタイサン) 思い出記録 ◇◇
(日本100名山)
戻り 
Page 1-1

出発日   : 2007/06/27(水) AM 4:30出発 〜 PM4時45分帰宅
         登山開始 AM 8:15 -- 12:46下山(駐車場)
場 所   : YaHoo! MAPS

 天気予報を見ていると晴れマークがついている。雨も10パーセントの予報で山は何とかなるかと27日に出かけた。この場所は周辺までには幾度となく来ているが登ったことがなく、・・そのうちに・・が今日まで来てしまった。7時00分には戦場ヶ原を通り、道路にはカメラマン数十人がかまえている。「ワタスゲとツツジ」が湿原の中に咲いている。みどりの中に白とピンクの花が目を引いた。
7時20分に志津乗越に着いた。すでに十字路の広場には車が10数台止まっていたので登山口奥の路肩に止める。

コースタイム : ウォーミングアップ(7:25) ― 登山道入口(8:15) ― 志津小屋(8:20) ― 3合目(8:43) ― 左側崩れた場所(9:35) ― 一等三角点(10:39) ― 二荒山大神像前(10:47) ― 昼食/休憩(43min) ― 山頂出発(11:30) ― 駐車場(12:45)

朝8時良い天気だ
朝8時良い天気だ

駐車は路肩へ
駐車は路肩へ
この林道は行き止まり
この林道は行き止まり
登山口は100mほど戻る
登山口は100mほど戻る
5分ほどで志津非難小屋
5分ほどで志津非難小屋

非難小屋入口
非難小屋入口
非難小屋内部
非難小屋内部
整理整頓されていた
整理整頓されていた
ここで大ハプニング発生。登山道入口前を通り越したのに気がつかず、奥の林道に向かった。途中で道がなくなり車まで引き返す羽目になった。あらためて地図を広げると車と反対方向で通り過ぎた場所である。朝から40分ほどウオーミングアップをしてしまった・・ツカレター・・。
正規の登山道に入り5分もすると志津小屋に着いた。ここには子鹿が一匹、通路に立っている。5メートルほど近づいても逃げようとしない。餌でも貰えると思っているのか、一歩下がってカメラを取り出して撮影したが残念ながらボケボケで良く分からない。手をパシンと叩くと茂みの中に消えて行った。
非難小屋の内部を見ると掃除がされてあり内部もよく綺麗になっていた・・感心感心・・。

登山道はこんな感じ
登山道はこんな感じ

堰堤の横を登る
堰堤の横を登る
3合目の道標 4合目は・・
3合目の道標
崩れ落ちた急斜面に
崩れ落ちた急斜面に
崩れ落ちた急斜面に
崩れ落ちた急斜面に
このケルンの意味が・・
このケルンの意味が・・
涸れた立ち木が
涸れた立ち木が
もうすぐ頂上
もうすぐ頂上
小屋を過ぎるとだんだんキツイ登りになってくる。途中に3合目の道標があったがこの後、頂上まで道標を見ることは無く歩いてどの辺なのかが不明であった。ヤッパリここは裏口か。登るにつれて山の斜面に立ち涸れの木々が見られるようになる。頂上は近いと感じる。

岩にたてられた太刀
岩にたてられた太刀

一等三角点
一等三角点
霧で周囲は見えない
霧で周囲は見えない
微かに小屋が見えた
微かに小屋が見えた
二荒山神社社務所
二荒山神社社務所
霧で残念がって帰る人達
霧で残念がって帰る人
頂上の良縁の鐘
頂上の「良縁の鐘」
二荒山大神像と・・
二荒山大神像と・・
キツイ登りが終わって5分ほど歩くと、写真で良く見る垂直に立った「太刀」が見えてきた。その下には「一等三角点」があり、コンクリートで固められてある。この時点で周囲はほとんど霧で見えない。朝の天気がウソのようだ。しばらく写真を撮っていると鳥居と奥宮の社務所が見えた。
「良縁の鐘」があったので思いっきり叩いてやった。この天気では周囲と同じようにもやもやした心の霧も晴れない。数人のパーテーが来ていたが残念がって帰って行った。時間も早いので霧が晴れるか銅像の前で休んでいたが一向に晴れそうにもなく、寒くなってきた。30分ほど居てショボショボと頂上を後にした。

方向盤
方向盤

二荒山神社奥宮
二荒山神社奥宮
太郎山神社
太郎山神社

イワカガミ
イワカガミ
ミツバオウレン
ミツバオウレン
ミツバオウレン
ミツバオウレン
桜も見れる
桜も見れる

戦場ヶ原
戦場ヶ原
ワタスゲがチラホラ
ワタスゲがチラホラ
ツツジ?
ツツジ?

龍頭の滝 左
龍頭の滝 左
滝
龍頭の滝 右
龍頭の滝 右
般若滝
般若滝
登っていく途中に「イワカガミ」が綺麗に咲いていた。場所によってはこんもりとまとまって咲いている。周囲には「ミツバオーレン」が咲いていた。イワカガミは広い範囲で咲いていたが白い花は一ヶ所のみでまとまって咲いていた。桜の花も見頃となっている。草花には時期が早いようでこの2種類ほどしか見ることが出来なかった。
山を下って「三本松茶屋」に駐車して「戦場ヶ原」を散策して見る。パラパラと雨が降ってきた。そそくさとカメラを取り出して「ワタスゲ」「ツツジ?」を撮影して茶屋に戻りソフトクリームを疲れた体に補給して引き上げる。
帰りは「龍頭の滝」を拝んでくる。また「いろは坂」の途中にある「般若滝」が見える場所によって滝の撮影。122号線で群馬県に戻る。
反省事項 1.登山の前には地図を確認すること。 2.入梅時期は天気予報もあてにならない。・・・・であった。とほほ。

おわり
戻り