×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◇◇ 栃木県 日光白根山ハイキング思い出記録2 ◇◇
戻り
Page 1-1

出発日   : 2009/10/09(金)
時 間   : デジカメデータの時間です。
コース   : 地図


   日光白根山 晴のち曇りのち霙)
   菅沼登山口出発8:00−弥陀ケ池9:46−頂上11:23−菅沼登山口着14:29−
   龍頭の滝見学15:14−自宅着18:05

場 所   : Map!
メンバー  : 単独

台風17号が通り過ぎ、いつもの台風一過の晴天を期待して栃木県日光市に向かった。朝から太陽が眩しいほど輝いている。
今回はゴンドラを使用しないで菅沼登山口からと計画をした。午前8時少し前には車が7-8台ほど止まっていて前期高齢者?の4人組が出発しようとしている。私は10分ほど遅れて8時ちょうどに出発。

菅沼登山口
菅沼登山口
駐車場
駐車場
入り口は広い
入り口は広い
大きな案内板
大きな案内板
山も色づいている
山も色づいている
要所に道標
要所に道標
もうすぐだ
もうすぐだ
弥陀ケ池に到着
弥陀ケ池に到着
始めは広い散策の道路から入り突き当たりに大きな案内板がある。ここから「弥陀ケ池」に向かって進む。
5分ほどは河原のような登山道を歩き直ぐに急な山道になって一気に高度を上げていく。台風の後で登山道には色とりどりの落葉が一面に積もっていて綺麗だ。所々に道標があるので計画も立てやすい。1時間46分過ぎ弥陀ケ池に到着。

弥陀ケ池
弥陀ケ池
弥陀ケ池
弥陀ケ池
目標の山には
目標の山には
雲の動きが早い
雲の動きが早い
座禅山
座禅山
目的地に出発
目的地に出発
少し登ると樹氷が
少し登ると樹氷が
ナナカマドの実
ナナカマドの実
弥陀ケ池の周辺も紅葉が綺麗で青空に良く似合う、ここでしばしの休憩。白根山の方向は雲の動きが早く山頂が出たり隠れたりして少し心配。山頂方面を見ると木々が白くなっている!!ん!!なんだ?。山頂に向かって歩き始めてしばらくすると一面に樹氷になっていた。想定外の風景に出会えた。

樹氷1
樹氷1
樹氷2
樹氷2
樹氷3
樹氷3
樹氷4
樹氷4
樹氷5
樹氷5
かなり厳しい登山
かなり厳しい登山
慎重に
慎重に
ロープも氷付いて滑る
ロープも氷付いて滑る
樹氷があまり綺麗なのでしつこいくらいに写真を・・・。
樹氷を見ていて綺麗に思っていたのも束の間で高度を上げるにつれて厳しい岩場の登りに変化する。一面凍りついているような岩場と冷たい風が吹いていて断念するか考えていると、頂上から降りてくる人がいたので状況を聞くと何とかなりそうでトライを慎重に続行。

この時期見れない風景
この時期見れない風景
道標の向こうが山頂
道標の向こうが山頂
今限定の花
今限定の花
何もかも
何もかも
やっと山頂に到着
やっと山頂に到着
とりあえずピース
とりあえずピース
 
やっと難所を越すと山頂の対面に到着し、霧の向こうには頂上が見え数人がバンザイをしている。ここから少し下り山頂には最後の岩登りで登る方向がはっきりせず登っては降りを2回も繰り返し3回目で山頂にたどり着いた。凍り付いていなければ何の問題もないと思うのだが気を使った登山であった。

下山の後は男体山
下山の後は男体山
龍頭の滝
龍頭の滝
龍頭の滝
龍頭の滝
 
途中からガスが巻いて何にも見えない状態になってしまったが途中では綺麗な紅葉も見ることが出来思いで深い満足なハイキングであった。下山は計画を変更して周辺を廻らずに同じ道で下山した。実は日光方面は3回目の登山であるが全て雲の中になってしまい私には女神が付いていない様だ。

下山後は男体山も見える方向にと・・・なんでこんなに天気がいいんだろうと、先程までの氷の中が夢のよう。久々に「龍頭の滝」に寄ってみる。平日だと言うのに車がいっぱいで駐車するのに15分ほど待って滝を見に行くと何とか滝と紅葉のコラボを見ることが出来た。

戻り