×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◇◇ 群馬県片品村 笠ヶ岳ハイキング 思い出記録 ◇◇
戻り
Page 1-1

登山日: 2011/10/02 AM6:40〜13:20
場 所: 群馬県片品村 笠ヶ岳(2,057.5 m) 
メンバー: 単独
コース 戸倉駐車場6:40−鳩待峠バスターミナル7:04−登山開始7:05−おやま沢田代8:07−至仏山と笠ヶ岳分岐8:16−小笠9:05−湯の小屋分岐9:32−山頂9:44-10:05(休憩)−至仏山と笠ヶ岳分岐11:35−鳩待峠着12:38-55(休憩)−戸倉駐車場13:23

 関東地方は良い天気が続いているのだが山は一気に冬型となり雪の便りがチラホラと聞こえる季節になってきた。紅葉には少し早いのだが暫くぶりに尾瀬方面に出かけてみた。

戸倉駐車場出発
戸倉駐車場出発
鳩待峠ターミナル
鳩待峠ターミナル
休憩所
休憩所
登山口
登山口
紅葉はまだ早い
紅葉はまだ早い
歩きやすい道
歩きやすい道
木道も
木道も

 寝すぎて予定時間より遅れて朝4時に家を出発し、5時少し過ぎに明るくなり日が短くなってのを感じる。戸倉駐車場に到着すると日曜日のせいか多数の車が止まっている。相乗りタクシーに乗って鳩待峠に到着するとすでに小型のバスが所狭しと止まっていた。朝飯を食べて、いざ・至仏山方面に向かって登山を開始。

笠ヶ岳か?
笠ヶ岳か?
尾瀬ヶ原
尾瀬ヶ原

おやま沢田代
おやま沢田代
階段も多い
階段も多い

分岐
分岐

 ハイキングコースは整備が行き届き木道と階段が設置され安心して進め至仏と笠ヶ岳の分岐に到着。途中では枯れた尾瀬ヶ原が見渡せる。

分岐にはいると違和感が
分岐にはいると違和感が
悪沢岳
悪沢岳
笠ヶ岳が見えてきた
笠ヶ岳が見えてきた




笠ヶ岳の雲が取れない
笠ヶ岳の雲が取れない
 暫く歩くと悪沢岳に差し掛かるがこの辺からハイキングコースはぬかるみが多くなってくる。道を選びながら進める。悪路を過ぎるとようやく遠くに「笠ヶ岳」が見えてきた。

小笠に到着
小笠に到着

雲が切れた
雲が切れた
笠ヶ岳を巻くように
笠ヶ岳を巻くように
岩が多くなってきた
岩が多くなってきた
湯の小屋への分岐
湯の小屋への分岐
岩登り開始
岩登り開始
岩登り開始
岩登り開始
 小笠の道標のそばに細い道があるのだが状況がつかめず、そのまま先に進んだ。雲が時々笠ヶ岳を隠すようになってきて段々と雲が厚くなるような感じてきた。湯の小屋のぶんきに到着すると、この先は岩山になってきた。

もうすぐに
もうすぐに
山頂に到着
山頂に到着
いつもの記念写真
いつもの記念写真
三角点にも
三角点にも
枯れる手前の草花
枯れる手前の草花
枯れる手前の草花
枯れる手前の草花
枯れる手前の草花
枯れる手前の草花
至仏山の分岐まで
至仏山の分岐まで
 急な岩を15分ほど登ると山頂に到着、残念ながら雲に覆われていて周囲の景色は見えなくなっている。山頂には数人が休憩をしていて雲の切れるのを待っているのだが・・・・
15分ほど話をしながら待っていたが雲は切れそうもなく引き上げることに。

枯れた芝
枯れた芝
遊歩道
遊歩道
登山入り口に到着
登山入り口に到着
登山完了
登山完了
ツアーのバスがいっぱい
ツアーのバスがいっぱい
群馬県片品村 笠ヶ岳ハイキングビデオ
片品村 笠ヶ岳ビデオ
 帰りは同じコースで戻り至仏の分岐に到着した。予定より早く戻れたので至仏にもと思ってみたが、雲は同じように掛かっていた為そのまま鳩待峠まで降り、乗り合いタクシーで戸倉の駐車場に戻る。早帰りのハイキングとなり物足りなさを感じながら帰路に着いた。

費用・・・戸倉有料駐車場 1,000円 ・ 戸倉駐車場〜鳩待峠 900円 x 2

戻り