×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◇◇ 第二弾 春爛漫、東北秋の紅葉ツァー ◇◇
「宮城県と岩手県の境界 栗駒山ハイキング思い出記録」
戻り  次へ
Page 4-1

登山日: 2012/10/08
場 所: 宮城県と岩手県の境界 栗駒山1,627.4m 
メンバー: 単独
コース : イワカガミ平06:20 − 東栗駒山07:42 − 栗駒山山頂到着休憩(08:30-09:40) − 登山口
 到着11:19
地 図 : 栗駒山のコース

 世の中3連休で、天気も良く行楽日和になって観光地は大騒ぎ・・のようだ。でもこの天気には我慢
が出来ず混むのを承知でやって来た。

 3連休の中日(7日)に家を出て、夕方に栗駒山のイワカガミ平に到着した。車は自分のを含めても
3台のみ。さびしく駐車場の隅に止めて一夜を過ごす。眼が覚めると朝日が眩しい。駐車場を見渡す
と一杯の車、天気の良さと休日で案の定、あふれそうになっている。簡単に朝飯を済ませて身支度を
し「東栗駒山」方面からハイキングを開始する。

 レストハウス手前のナナカマドの紅葉が綺麗に染まっていた。少し戻って「東栗駒山」の標柱のある
場所から進む。水なし沢のような場所を進み、登山道は赤茶けた粘土質の道で滑りやすい、所々急
な場所もあるので気をつけながら登っていく。途中から沢伝いに登り暫くは川沿いを進む。

 沢を抜けると見晴らしも良くなり周囲に紅葉が多くなってくる。「東栗駒山」も見えて来る頃には澄
み切った青い空に鮮やかに赤く染まった木々が眩しい。

 流石にこのシーズンになると花を見かけない。花の形をした状態でそのまま枯れてしまって形だけ
をとどめている花、赤く染まった木々と対照的だった。辛うじて「オヤマリンドウ」を見る事が出来た。
栗駒山頂裏掛を過ぎ中央コースと合流すると最後の階段が待っている。見上げると真っ青の空の中
に白い月が残されていた。

 山頂に到着です。あまりにも人が多いのでビックリです。30−40人程の団体さんが頂上の標柱の
周りを独占していました。女性がほとんどでパワーに圧倒されて近寄るのに大変でした。全体では10
0名程度居たようです。隙間を狙って記念写真を。早めの昼食を摂りゆっくりと約1時間ほど過ごし、
下山を開始します。

 帰りの下山は「中央コース」を選びます。10時ごろになるとぞろぞろと恐ろしいほど登ってきます。
中には年配の方、軽装で来る人等色とりどりになっています。中央コースの紅葉も見ごたえがありゆ
っくりと写真を撮りながら下ってレストハウスに到着です、ここにも一杯の人、下の駐車場を見ると観
光バスが何台もあり、色んな人が登っていくのが分かりました。きっとガイドさんに「平坦な場所まで
行くと素晴らしい景色が見えますよ」・・などといわれて登っていることと思います。

 連休最後の日、晴天に恵まれたせいもあり大勢の人でごった返した「栗駒山」でした。この後の予定
は「秋田駒ヶ岳」を計画しています。昼食を食べ直してから距離もあるので先に進みます。「秋田駒ヶ
岳」の周辺に到着すると温泉「アルパこまくさ」があり休憩方々温泉に入り時間調整をすることに

つづき
戻り  次へ