×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◇◇ 火打山・妙高山・雨飾山ハイキング 思い出記録 ◇◇
(プラス-1 長野県 御嶽山ハイキング)
戻り  表紙へ  妙高山へ
Page 4-1

出発日   : 2009/09/10(木)〜14日(月)
時 間   : デジカメデータの時間です。
コース   : 地図


  1日目(9月10日 新潟県 火打山 晴天)
   笹ヶ峰登山口6:40−黒澤出会7:26−富士見平8:47−高谷池ヒュッテ9:32−
   天狗の庭9:57−火打山々頂11:27−茶臼山13:30−黒沢池ヒュッテ泊14:28

場 所   : Map!
メンバー  : 単独

秋の紅葉シーズンを目の前にして中途半端なハイキングになるが晴天が続いているのにジッとしているのは辛い。幾日か日程が取れるので新潟方面に出向いてきた。
今回はカーナビのバージョンアップの最中でサービスに送ったため10数年ぶりに地図を見ながらの旅となり行程は珍道中。方向音痴の為山中で遭難一歩手前の経験と大幅な時間ロスが発生。「カーナビの力は偉大なり」あらためて必要性を認識した次第。

道の駅「しなの」で前泊
道の駅「しなの」で前泊
道の駅から見える山
道の駅から見える山
笹ヶ峰登山口へ
笹ヶ峰登山口へ
ここを抜けて出発
ここを抜けて出発
延々と木道が続く
延々と木道が続く
黒澤出会いの橋
黒澤出会いの橋
十二曲りに到着
十二曲りに到着
黒沢出会以降は岩道
黒沢出会以降は岩道
道の駅「しなの」に午後8時ごろに到着、急いで晩御飯を作り一人寂しく宴会モードになるが9時30分には寝る体制。
車の外が明るいので目が覚め時計を見ると午前5時をとっくに過ぎていた。「やっちまったなー」急いで朝飯を作る。何度か行っている「苗名の滝」方面を目指して進み途中から笹ヶ峰に向かう。駐車場に到着するとすでに20台ほど止まっていて入り口の案内を確認して登山開始。

富士見平着
富士見平着
木道の張替えをしている
木道の張替えをしている
高谷池ヒュッテ
高谷池ヒュッテ
高谷池の湿原
高谷池の湿原
高谷池から見る火打山
高谷池から見る火打山
秋の気配を感じる
秋の気配を感じる
一山超えると天狗の庭
一山超えると天狗の庭
山頂に到着 雲が・・
山頂に到着 雲が・・
この時期、誰一人行き会うこともなく黙々と歩く。富士見平を左に進みしばらくすると木道の工事をしていた。工事の人たちは高谷池ヒュッテに泊まりながら仕事をしているとのこと。ヒュッテで一休みした後湿原に出ると、草も枯れて秋が目の前に感じる。山頂に着くとガスが巻き時々高谷池が見える程度であった。20分ほど待ってみたが雲の切れる様子が無く記念撮影のみで戻る。

高谷池
高谷池
ピークが不明な茶臼山
ピークが不明な茶臼山
黒沢ヒュッテで泊
黒沢ヒュッテで泊
 
高谷池ヒュッテまで戻り左折して茶臼山に向かう。寂しい道のりであったが約50分ほどで山を越え遥か下のほうに黒沢ヒュッテが見えた。周囲は広い湿原があり上から見る景色は抜群にいいのだが写真がない!!。午後2時30分到着し泊の手続きをする。
夕食が他の山小屋と比べて一味違う、旨さにつられてつい御代りを。ちなみに本日の泊り客は5名であった。

火打山に咲いていた花・花・花
オヤマリンドウ
オヤマリンドウ
オヤマリンドウ
オヤマリンドウ
シラネニンジンソウ
シラネニンジンソウ
ゴマナ
ゴマナ
タムラソウ
タムラソウ
ヤマトリカブト
ヤマトリカブト
キオン
キオン
ウメバチソウ
ウメバチソウ
ヤマハハコ
ヤマハハコ
 

戻り  表紙へ  妙高山へ