×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◇◇ 火打山・妙高山・雨飾山ハイキング 思い出記録 ◇◇
(プラス-1 長野県 御嶽山ハイキング)
戻り  表紙へ  雨飾山へ
Page 4-2

出発日   : 2009/09/10(木)〜14日(月)
時 間   : デジカメデータの時間です。
コース   : 地図


  2日目(9月11日 新潟県 妙高山 曇り時々晴)
   黒沢池ヒュッテ出発6:15−大倉乗越6:39−長助池分岐7:16−妙高山々頂8:26−
   黒沢池ヒュッテ(昼食)10:50−富士見平13:15−駐車場着14:11

場 所   : Map!
メンバー  : 単独

昨日、黒沢池ヒュッテに午後2時30分ごろ到着し宿泊の手続きをしたが4時ごろまでだーれも来ないので心配していたが、やっと3名の家族がやってきた。その後1名が追加となって全5名で宿泊しゆったりと静かに一晩を過ごすことが出来た。

黒沢ヒュッテの朝食
黒沢ヒュッテの朝食
ドアに下がっている風鈴?
ドアに下がっている風鈴?
山小屋をあとに
山小屋をあとに
ここから出発
ここから出発
大倉乗越から
大倉乗越から
長助池分岐
長助池分岐
急坂が数箇所
急坂が数箇所
もう一頑張り
もう一頑張り
朝飯は和食ではなくてナンに自家製?のジャムを付けて食べナンとスープは食べ放題であった。腹ごしらえをして6時15分ヒュッテを出発する。
大倉乗越からの展望も遥か町並みまで見ることが出来、しばらくすると長助池分岐に到着。

妙高山山頂到着
妙高山山頂到着
記念に書き込むノートが
記念に書き込むノートが
三角点もあるぞ
三角点もあるぞ
山頂から野尻湖方面
山頂から野尻湖方面
少し離れた見晴らし場所
少し離れた見晴らし場所
長助池を望む
長助池を望む
途中で火打山が見える
途中で火打山が見える
黒沢池湿原
黒沢池湿原
長助池分岐からが危険な場所ではないが急な登りが数箇所出てくる。大きな石を乗越えながら約1時間チョットで山頂に到着。親子3名の方と一緒に登り自分のペースで移動でき順調に登ることができた。山頂には登頂記念に書き込むノートが置いてあり地元の若者が書き込んでいた。
3人組は燕温泉方面に下りるという、私はピストンで一人で黒沢池ヒュッテまで戻る。昼食を食べ湿原を見ながらひたすら木道を歩く。

黒沢池湿原
黒沢池湿原
富士見平分岐
富士見平分岐
駐車場に着
駐車場に着
 
黒沢池の湿原も7月ごろに来るとキットいろんな花が咲き綺麗に違いない・・などと思いながら下山する。途中に昨日の分岐点、富士見平に到着しここからは来た道を下るのみ。
ベンチの横に光るものを見つけ「腕時計」が落ちていた、登る人が落としたのか、下る人が落としたのか、とりあえず拾って下ると「十二曲がり」で休憩している夫婦がいたので訪ねてみる。「忘れ物はありませんか」突然言われて理解できなかったようだが、そのうちに時計がないのに気が付き、どんな時計かと訪ねると「金張り」という。落とし主が見つかった。ヨカッタヨカッタ。あとはスタスタと駐車場まで一気に下りて「苗名の湯」に直行し次の目的地を目指す。

戻り  表紙へ  雨飾山へ